10月のレッスン ハロウィンアレンジ (ジャックオーランタン)

今回はハロウィンレンジです。こんな感じでご用意しました。

ナイフがあるので注意してください。

ナイフは親指と人差し指で挟みます。

刺しすぎ防止のためです。

裏側を丸くくり抜きます。

指で押さえている部分まで差し込みます。

ここまで

こんな感じで刺したり、抜いたりを繰り返します。

一周するとすぽっと抜けます。

裏のカボチャの身を削ぎましょう。

中はナイフの裏を使いくり抜いていきます。

ガリガリと身とタネを取りましょう。

しっかりと、柔らかい身は全てとります。(腐らないため)

蓋も後で使います。

顔作りです。

今回のポイントはナイフの幅のみで切っていくと簡単に出来ます。

持ち方は前回同様です。

右目の右側をブスッと

今度は左

そして下を刺すと

簡単に取れます。

左側も同じように。

口は最初に四角にします。上から

同じ輪郭で左

下。

くり抜きます。

今度は、歯なので真ん中にまっすぐ

右に縦

右下

抜く

右側に少し長く

ナイフを横に傾けます。

ここまで

下から右上に引き上げて取ります。

左も同じようにするとこんな感じになります。

裏に竹グシを2本刺します。

さあ、これからアレンジ開始です。水に浸したフラワーフォームを置きます。

ナイフで四隅をカットして輪郭を作ります。

竹グシで先ほどのジャックオーランタンの顔を刺します。

あなた色のアルストロメリアを使います。

バラバラのパーツにします。

忘れてました!!お水を必ずたっぷり注いで。

折れないようにバランスを見ながら刺していきます。

花向きなどを注意しながら刺していきます。

全体的にバランスよく入れていきましょう。

右バランス。

左バランス。

今回、レシピに載せていなかったサプライズのお花。

マリーゴールド。折れやすいので気をつけて

お花が大きいので場合によって

アルストロメリアを外してポイント作り。

胸に可愛く飾りました。

折れやすいので注意

次はかすみ草

バラバラのパーツにします。

丁寧に花同士を殺さないようにふんわり入れましょう。

レモンリーフは割りを入れて

僕は羽のように入れていきます。

こんな感じでです。

今度はパステル色のトルコキキョウを使います。

バラバラのパーツにします。

色合いを見ながら刺しましょう。

色が濃いので下側がいいですよ

蕾もグルーピングすると可愛いです。

お洋服のようなアクセントがいいですよ

まだ、裏側が恥ずかしいので

先ほどのトルコキキョウの残りの葉を使います。

しっかりと刺しましょう。

埋めると、こんな感じです。

大好きなダイアモンドリリーを使います。

お花の前に置きバランスを見ることも大切です。

右側に入れました。

オランダのオークを使います。

形を見ながら

差し込みます。香りもいい木ですよ1

こんな感じです!!

周りも少しデコレーションしましょう。

みなさん出来ましたか?

是非、FaceBookやインスタグラムに載せてくださいね。

 

最後にアクセントをつけて出来上がり!!

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

お花や植物がある生活を楽しみませんか?
ぜひ、お店にも来てくださいね!

畠山 秀樹 Lotus Garden 主宰
昭和42年1月26日生まれ

伝統と新しいデザインを融合させた『ジャパニーズモダンスタイル』として、皆様に花のある生活を提案しているフローリストです。フラワーアレンジ、グリーン、インテリアに至るまで、オリジナルを大事にして、驚きと感動のあるものを作りたいと考えています。産地にこだわって、皆様に愛されるお花をお届けています。

TEL 0234-24-0878

Am10:00~Pm12:00 アトリエ
Pm12:00~Pm6:00 通常営業
木曜定休

ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ