冬のエアプランツの水揚げ

2017年1月31日

エアプランツ6

冬の晴れ間がある時は、エアプランツの格好のお水をあげる日です。

寒さが苦手な植物なので冬に枯らす人が多いんですよ。

晴れてて、風があれば最高です。

エアプランツ10

銀葉のエアプランツは水につけるとグリーンに変わります。

この時期は寒いのでぬるま湯にして、液体肥料を混ぜてあげると

良いですよ。

エアプランツ8

クランプ状のエアプランツは今年の流行かも。

エアプランツ9

このぐらいポタポタするぐらい着けてください。

基本は冬の時期は10分ぐらいぬるま湯に浸けます。

これをソーキングと言います。

僕は、1〜6時間ぐらい暖かい時期は浸けますね。

エアプランツ5

特にウスネオイデスは枯らしやすいので注意。

しっかりと10分以上漬け込みましょう。

エアプランツ4

水がしっかり切れて、乾くまで風通しの良い場所で日光浴させます。

エアプランツ1

キセログラフィカなど中心部に水が溜まりそうな植物は

逆さにして水をしっかり切ります。

部屋の中の暖房で乾かさないのには理由があります。

高温多湿が嫌いだからです。

どうしても室内で乾かさなければいけない時は、ドライヤーの

送風で乾かしてください。

エアプランツ2

しっかり、乾くとこんな色になりますよ。

お役に立ちましたか?

エアプランツに合うこんなアイテム作りました。

 

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
鶴岡情報酒田情報庄内情報

コメントを送る